スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

ドンッ・・・! 俺「は・・・」

JUGEMテーマ:夢日記。
 

ライフルに腹とドタマをぶちぬかれる夢を見た。
なんだかライフルを持った外国人の中年男性に
俺意外の何人かを含め「動くな」と人質を取って脅された。
少しでも動いたら撃つ、と。
まず一人撃たれた。そして俺の隣の奴が滅多撃ちされた。
俺は我慢していたが、そいつが倒れてきて、その瞬間。





腹。

俺はこれ以上の非弾を防ごうと目の前の机に隠れようとした。
そして

頭。

体が冷たくなっていく。

そんな・・・。

こんなあっさりと?こんな理不尽な死に方を?

自分には多少なり消滅願望があったが
その時の俺は生きたがっていました。

そこで目が覚め、オイラの額には汗。
暑かったのか脂汗かはわかりません。

夢の最後いろいろ感じたが、やはり生きる願望はきちんとあった様だ。


ちなみに夢占いでググった結果。

銃(ピストル)は、夢占いでは、利害関係を表すものとして、
人間関係の状態、有利または不利な交渉や条件をあらわします。

拳銃を 与えられたり、相手から奪うのは夢主にとってよい立場や条件、
反対に銃を奪われるのは、夢占いでは、
相手から不利な条件を突きつけられる ことを暗示しています。
また、自分の権利や主張、
トラブルの原因になっていることをあらわしていることがあります。
男性的な力の 象徴でもあり、拳銃に撃たれるなら要注意です。


おっと・・・w

at 03:54, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

通帳を見つめるその目は。

JUGEMテーマ:リアル


給料こそでたが、生命保険と、車検代で大半オジャン。
クレカ代は気分的にまた別だが。

それでもサブ口座への?万の貯金は絶やさない。


じりじりと増えていく、2枚の通帳のその数字。
にんまりする。



母上様はせこく貯金額を気にする私が馬鹿らしく思うらしい。


だが俺は溜める。この先、もはや何が起きてもおかしくない。



今月は自分に何もご褒美出せないな。

at 00:50, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

哀しい哉、人と人。

JUGEMテーマ:リアル
 

小売業と言う商売柄、私は見知らぬ一般人と良く接する。

それに伴い、思うことがある。


ほんの一言、ほんの些細な交流とはいえ、
人と人との交流である店員と客の会話。
ではあるのだが・・・



「すいませんが・・・」

「ありがとう」

こういった、相手の立場を思う気持ち。
相手と同じ位置に立つ気持ち。それが見られないことが多い。

さらに哀しい事実を述べるとすれば、それが無いのが
お年を召した年配の方に多いということである。

用件だけ質問、礼も言わずに、説明の途中で去る。

これでいいのか、人。

それでいいのか時代の長者。

我らの見本、先人であるあなた方が、
そんなことでいいのか。私は遺憾に感じます。

極論で言えば、たかが商品の場所を聞くだけ、そこに真の感情など必要ない。

だがそういった一言、礼もまともに言えない。

それを親として育った子は、社会に出て、どう思ったのだろう。

さらにその子供の世代が今、どうなっているのか。



あなた方は・・・見ていないのでしょうね。

私は哀しい。

そして




こんな話を仮にしても、まともに聞いてくれず、怒るのでしょうね。



哀しい哉。


at 00:10, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

意固地

JUGEMテーマ:日々のおしゃれ

現在室温30度。皆さんいかがお過ごしですか。
どうもGiLL.です。

明日は仕事は出張です。
6:30起床で軽井沢の研修センターに旅立ちます。

何が面白くてかの地に行きましょう。
うちの会社は昭和の思想を未だに引きずっていらっしゃる会社です。
労働規則が随分長いこと変わっていないことからも伺えますね。

ゆとり臭い例を1つ挙げましょう。
それは今回の研修時の服装です。



「カジュアルな服装」



そう言われて、皆さんどんな服装が思いつくでしょうか。
各々、皆様の普段着のスタイルがふっと頭をよぎることでしょう。
私であれば、UK交じりのタイトなファッションです。


ファッション。

この概念だ。今回ばかりはこの概念が通用しません。
当社では、

・ボトムスはチノパンかスラックス。
・襟のついたシャツ。
・スニーカー×。運動靴か革靴。

これを現代の若者にも指定してくるわけです。

まぁ仕事ですから当然っちゃ当然ですが、時代の流れと言うものがありますよね。
我々だって仕事となればそんなハジけた服装で赴きませんよ。
よっぽどのおめでたい方でもない限り。



カジュアル(笑)


と名づけてしまった私も私ですかね。
つかこのご時勢にチノパンとは恐れ入った。
(というか「チノパン」と言われてわからなかった人多数な訳で。)
やれやれ。スーツでいいじゃないか、スーツで。何の問題があろうか。

それで研修中はさながらどこかの左向きくさいPT○のような態度を強制されます。
それはもうニコニコシャキシャキハキハキと。う〜ん疲れます。私のガラではない。

実はこの服装指定の研修は二度目で、
前回私はチノパンはゴメンだとばかりにYシャツにスラックス、
靴は適当でいいやと仕事で使ってるPUMAのシューズという服装で参加したところ、
スラックスなら革靴が好ましいという「?」な指摘を受けたので、



こんな靴買って来ました。
古着屋にて¥4980。画像ではわかりませんがそこそこ踵の高さがあり、
靴の先は非常にワイドです。私服でも使えます。個人的に。

まぁ適当にいい子ぶりっ子して済ませてきましょうかね。


しかしまぁ、なんだ。
その店は古着のほかにも漫画・ゲームもあってですね、


3時間以上に渡り漫画熟読。

家でも読めるMONSTERを

全巻一気読み。




この愚行には流石に引いたわ・・・。
気がついたら19:30とか、もうね。


ま、そういうことで(・∀・)ノシ

at 22:08, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

沈黙は金、とはよく言ったもので。

JUGEMテーマ:リアル
 

沈黙は金。



悲しいかなこれは人間関係においてよく当てはまる。


義や情をもって主張しすぎると、穏便を好むこのご時勢、
非常に煙たがられる様である。


人間よ、ここまで難しくなくてもいいじゃないか。


所詮は欲に生きる動物。
利他的過ぎると煙たがられ、利己的過ぎれば怒りを買う。

ならば黙そう。
適当に茶を濁していれば時間は過ぎる。

波風立たず、考えもせず、一時の楽を得ることが出来る。

それもまた、「平穏」と言えるのならば、
私はそれを受け入れよう。私は平穏が好きだ。

だがそこに充実感は感じない。



「アイツはこれこれこういう奴でな。こんなときアイツならこうすると思うよ。」


誰かをこのくだりで語れますか?それが推測でも、何人語れますか?
私は2人です。






最後に信じられるのは自分だけだ。


煙たいじゃろ煙たいじゃろ。ホ〜レホレ。

 
ま、そういうことで。(・∀・)ノシ

at 23:13, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

おうちに光がやってきたら

PPP認証エラーでうんともすんともいいません。

Bフレッツになったら変更になるはずの、
プロバイダー認証IDが通知されておらず、今その待ち状態です。


でもPPP認証エラーのはっきりした原因がわかりませぬ。
おそらく新しいIDいれてもダメな悪寒がします。プロバイダーが新IDが来るまでを憂慮して手配してくれた
仮IDをいれてもダメだったという経緯があるので。
原因はどこだ?
うちの地域が光開設して間もないからか?
現に6日早朝にメンテがあるらしいし。




いつになったらネットができるようになるんでしょーか。

PPP認証エラーの文字がやたら恨めしいです。

at 17:24, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

謹賀新年×街森

JUGEMテーマ:街へいこうよ どうぶつの森

 遅ればせながら・・・
新年、あけましておめでとう御座います。
090101_0005~0001.jpg

せっかくの年越し。酒を飲む。





飲みきるまでにかかった時間

2時間。



年越しは街森でした。



左:オイラ
中央:コウさん
右:ガルルガさん

来年度には社会人の一員になる私。
不安と絶望だらけです。ハァ。

まぁメリハリをつけてぼちぼち逝きたいと思います。




誤字じゃないお(^ω^)





あ、村の環境最高になりました。区画整理なぞしなくても何とかなるモンですね。

しかしぎるの家もジルの家も大体理想どおりの家になってしまい、
いよいよ持ってやることがなくなってきました。
よって前回を持って街森gdgdプレイ日記は終了します。
これからは投稿の際にぼちぼちと付加要素的に組み込んで生きます。


まぁ、そういうことで、今年もどうぞよろしく。(・∀・)ノ

at 22:51, GiLL., 雑記

comments(3), trackbacks(0), pookmark

(ノ∀`)ハァ

 最近更新してませんね。



いや、違うんだ・・・。


ほら、俺ってば・・・大学4回生じゃん・・・?






SO☆TSU☆RO☆N



卒業論文ですよ。20000字ですよ。

月曜日(8000字)





今日中間提出。








今17000字ですorz


論議に筋道がたたねえんだよ・・・。

こんなにテ○○ーなのに超キッツイ。


それも今日で一旦はゴールだ・・・。










就職先の通信教育がじきに来るがな。





ウワーン。

at 06:43, GiLL., 雑記

comments(1), trackbacks(0), pookmark

ダメ?一次会で「今日はこの辺で帰ります。」&街森

JUGEMテーマ:リアル

JUGEMテーマ:街へいこうよ どうぶつの森
 


こんばんは。今日もダメなぎるです。


僕は今大学の4年生。
就職は決まっており、単位も残りほんの少し。(まだ残ってんのかよ)
暇が故にいろいろ考えるんですね。

入る会社はお世辞にも楽とは言えない、激(?)務の会社。
僕が愛する"自室でのんびりな夜"な時間はなかなか取れないと予想しています。
覚悟を決めている段階であります。出来ているかどうかは別ですが。

ですが僕はヤッパリ"自室でのんびりな夜"、その時間を削りたくありません。




僕は飲み会は出来ればあまり行きたくありません。





多分僕はついていけません。テンションに。
下戸だし、「ノリ」が嫌いだし、ハメをはずすのも好きではありません。
のんびりを愛しているので。
仕事後にどこか行くとしたら2時間くらいビリヤードやるくらいがいいです。

飲み会をやるにしても、一発芸とか、無理やり飲ませるとか、


カンベンしろ。





僕を日付が変わる前に帰してください。
一次会で十二分です。場酔いしますから大丈夫です。
下戸なんです。缶チューハイ一缶も飲みきれないんです滅多に。


だから僕を一次会で帰してください。




多少ハブられてもいいです。そのくらい、大騒ぎの飲み会は嫌いです。

多分僕は仕事場で変な存在になるでしょう。
何人の友人に「『話しかけるな』オーラが出てる」と言われたでしょう。
何人の友人に「最初下手な事言ったら不機嫌になりそうって思った。」
「怖かった。」と言われたことでしょう。

大人の付き合いはわかりませんが、似たような結果になるでしょう。



存分に利用させていただきます。



その中で、ペースの合う友人が出来るといいな。
その友人とお互いの趣味を共有しあって、仕事後を楽しみたいです。
俺だったらビリヤードに誘いたい。あと一緒にダーツも練習したい。(最近始めた)

のんびりと。




まぁ最後に、ホンネ言いましょう。

ダメなんだろう、ダメなんだろうけどさ。
わかってるよ、いくらなんでもダメだって。



忘年会行きたくないです。





一次会で帰してください。







お願いだから。



うん、ダメだよね。わかってるよ付き合うよ・・・。



「しばらく誘わないでくれ。」と言う言霊。




ここから街へいこうよ動物の森のプチ報告。




4匹目のイトウを釣り上げました。もういい加減即売りw





JOSHOの村に現れた美しいオーロラ。いいですねえ。
JOSHOと並んでパシャリ。Wiiすげえwww

一度でいいからホンモノを見てみたい。


まぁ、そういうことで。(・∀・)ノ

at 01:59, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

 
今日、ちょっと僕黒いです、ご注意。
厨二病日記かもしれないね。





俺はつくづくドライだと思う。

俺はつくづくプライドが高いと思う。


汚いと思う。


最近の悩みだ。

何を模範とし、何を模範とせざるべきか。


僕は元々幼少〜少年期、やりたい放題をやってきた。
幼少期は幼稚園で先生方に目をつけられていた大問題児。
少年期も然りで、結果心が幼いまま中学校へ。そこで僕は痛い目を見る。

中3からか。
僕はとことん人に合わせるようになった。笑顔を過剰に作るようになった。
人の機嫌を伺うようになった。

自分なりの距離を取り、人を観察し模倣してきた。
模倣しつづけた結果、僕は相手ごとに相手が話しやすそうなテンション
・・・というより性格を作れるようになった。

それは100%正解を続けてきたわけではないが、そのおかげで
僕はどん底の状況から抜け出した。中学3年の末には僕は
光の当たるグループの一員になっていた。滑稽な話だ。
数年立ってから聞いた話だが、女子との噂もあったらしい。つくづく滑稽だ。
兎に角、こういった理詰めがリアリストな僕を構築していった。

その結果、次第に僕は自分の観察眼が発達していると思い込むようになる。

その後僕はどうやら疲弊したらしく、一転、僕は培った知識で
自分を構築し、人に合わせつつも肝心な所では我を持ち、内心は動かぬようになった。
自分の五感で感じ取ったもののみを信用するようになった。

人に薦められた物に興味など滅多に沸かなくなった。
夢に興味が沸かなくなった。
人に興味が沸かなくなった。

自分の主義までも半ば信用していた。

不思議なことに同年代、さらには年上からも「大人」と言われるようになり、
間違った自信はさらについていく。

しかしそれは当然のごとく愚かな間違いで、僕は一人の女性を泣かせた。

就職が決まってからの余暇に飽く最近には
持ち前の勉強嫌いで本も読まない自らの無知さに気づき、
同時に周りの皆の聡明さと勤勉さに気がついた。


何処が大人だ。
こんな我儘腹黒無気力野郎の何処が大人だ!


変わる気力の無い自分に腹が立っていく。


そこで、思った。

「精神面においてだけでも、聡明になろう。」と。
「人間を成長させ、知識はゆっくり付けていこう」と。

だが人間というのは難しい。

正解が無い。

たくさんの思想、さまざまな人間、移り変わる常識、国民性、
そして道徳、歴史、罪、恋愛・・・

タバコをふかして考えただけでも、これだけ出題範囲がある。

でもそれを日進月歩で考え、学び、自分なりの答えを出していこうと思った。


しかし何を良しとして学び、何を良からずとして学ぶべきか迷う。
昨今の日本では尚更で、第一私自身それを見分ける人徳、器量が無い。


まだ具体的に道を見据えたわけではない。
ただ、見て学ぶだけでも価値があると思う。
そこで僕自身が何を想うのか。そこに価値を見出していきたい。
段々と、自分の辞書に書き留めていけばいい。
人間として成長していきたい。

そう思うのだ。

at 04:18, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark