<< 絵とかいろいろ | main | 目 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

落合監督、WBC代表候補辞退について反論



mixiより逆輸入日記。

 落合監督、WBC代表候補辞退について反論
引用元ニュース(mixiニュース)

mixiユーザーでない方はこちらをどうぞ(サ〇スポ)


・・・Hey.


ヘイヘイヘイちょっと待て。OKちょっと皆落ち着こう。
ああ、先に言っておきます。落合さんに賛成です。



さぁて・・・今回の件について勝手に言わせて貰いましょうか。

まぁマスコミに対しては「アンタも好きねぇ」というのが一言目。

昨今の日本のプロ野球体制は「We are 読売, because we are true.」という
報道体制が"ちらほら(笑)"覗え、他球団・その選手及びその球団のファン、
特に"視野の広い読売ジャイアンツファン"の方々は
なんとも頭を抱えたくなる状況になっている。

かつて江本氏が言った「ベンチがアホやから野球が出来ん」という
台詞を想起してしまうのは何故だろうか。

この日記を書く前にこの記事に対する皆さんの日記を拝見させていただきましたが、
やはり賛否両論のようですね。それは至極当然と私は受け止めていますが、
ついつい僕の首は斜めに傾く事も少なくありませんでした。


本題に入ります。
まずポイントは参加が任意であること。

中日の選手が今回のWBCの参加を揃って辞退したわけですが、
「プロならば野球ファンのために参加すべき」、この意見を私は100%否定しません。
ですが「非国民」というその一言はいかがなもんか。
過去を含め召集された選手には故障を抱えている選手も少なくなく、
それを押して参加した結果、故障が悪化したケースがあります。

プロ野球という職業はスポーツである以上実力主義が第一であり、
故障は一歩間違えばその首に鎌が掛かる致命的な事態。
仮にあなたの好きな選手が怪我を押して出場、結果故障が悪化し、
シーズンで不振に喘ぐ、或いはシーズンを棒に振るような事態になった場合、
どう思うでしょうか。私はきっと「何で怪我を押してまで出場しちまったんだ」
と吐いてしまいます。邪推になりますがそこで怪我をしてしまう場合もあります。

私はプロだからこそ、出場・辞退という選択肢から辞退という決断を採った
と考えます。彼らは野球でメシを食っているんです。

次のシーズンも雇用主であるチームのため、自分のため、ファンのため、
調整期間を割かずに万全の状態を準備するために辞退をした。と思います。
その意思を尊重した落合監督が、何故こうも批判されるんでしょうか?
最も私も落合監督が仰った「NPBやファンを納得させようとは思わない」
これと同じ前提をもって書き殴っておりますがw

さらにここで世論、マスコミという第三の剣が選手に刃を向けましたね。
本当はコに濁音を点けたいんですが、ガマンします(^ω^)
お偉いさんに右向け右しなかったら、イジメですか?
この国民性はつくづく悲しいです。いやホント。

正論が地位に屈する。

特ににこれだよ。「非国民」発言。なぁ・・・ちょっと待て。なんぞ「非国民」て。
それはひょっとしてギャグで言ってるのか?
WBC。確かに国を代表したチームがぶつかりあう大舞台です。
それを辞退したら「お前は日本人じゃない」、ですか・・・。
OK、ちょっと冷静になろう、ね?深呼吸しよう。

・・・落ち着いた?

ちょっとおかしい例えだけれども、例えるよ?
もしあなたなら、裁判員制度で選ばれ、明日が当日ってときに風邪ひいてたら、
行きたいですか?明日は休み、でも明後日からまた連勤で、
仲間も忙しいし自分のためにも欠勤は避けたい。
そのためにも明日はどうしてもゆっくり休みたい。

これで辞退した人に「お前最低・・・」とは俺は言えない。


まぁ、そういうことで(・∀・)ノ

at 16:55, GiLL., 雑記

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 16:55, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://gill-blog.jugem.jp/trackback/10