<< ラクガキ | main | 冬へ向けたお買い物 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

諸君

JUGEMテーマ:ゲーム
私はテトリスが好きだ。


現に今、はまりにはまっている。
このストイックさがたまらない。
ネクストブロックを何処におくかを一瞬で判断、
それもブロックの受け入れ幅を多く出来るような手を
瞬時に考えなければならない。

綺麗に置くのが効率のいいスコア獲得の定石だが、
そうも行かないときがある。隙間のない積みに時には
見切りをつけ、そしてそれをなるべく速く修復する。
レベルが上がってくれば落下速度も増し、
スピードとの戦いになるわけで



ああ面白すぎるだろテトリス。





元来僕は昔から好むゲームが変わっていた気がある。

皆が皆マリオカートの中僕はなぜかF-ZERO

その後ロープレにほとんど手を出さずに
格ゲーの道を走り、小学校高学年で既に
ゲーセンデビューを果たしていた。(今は卒業したが)


ストイックなゲームがすきなのだ。
自分の上達が目に見えて解り、それが直に響くゲーム。

さらにそこにオリジナル要素が組み込めるとなお楽しい。
それが最も足るのが格ゲーであった。

しかし格ゲーはパターンゲーになってしまうところがある。
そのゲームの強キャラを探し出し、
そのキャラの一番強いパターンを覚え、
さらに各相手キャラの対処法を頭にぶち込み、それを正確に実行する。
それが極まったゲームがギルティギアシリーズを初めとする
コンボゲーと言われる部類の格ゲーだといえるだろう。

だがそこはあまり好きではない。


スマブラのwi-fiもよくやっていたが、同じような事態になっていた。
「なぜみんな個性を持たぬ!何故そこまでに無感情に勝ちを求める!」
ってなって、俺は事実上引退した。


僕はそこにオリジナル要素を求める。
それは読みから生まれたり、へんちくりんに磨いた技術から生まれたりする

奇想天外なプレイ。

有機質なプレイじゃないと、やっぱ。

だって人とやるんだよ?

レースゲーのタイムアタックとかじゃないんだぜ?
まあとにかく感情のあるプレイが出来る、
且つストイック要素が強いゲームが好きなのだ。
ストイックとオリジナルの共存
である。


要するに、

ストイックなゲームが好き。だがそれは一人ゲーでの話。
ex) テトリス レースゲー(タイムアタック) 



人とやるなら、やっぱ人と勝負したいね、ボカァ。





あれ?なんか話変わってね?



at 20:21, GiLL., ゲーム

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 20:21, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://gill-blog.jugem.jp/trackback/4